神社仏閣とパワースポットブームについて思うこと

人の行き来が制限された江戸時代
旅行イコール神社仏閣巡りといっても過言ではありませんでした

最近「パワースポット」として
神社仏閣巡りが盛り上がっていますよね。

神社仏閣はパワースポット

それもそのはず
いわゆる「パワースポット」と最近言われるところに
神社仏閣は存在します。

神社仏閣は地域コミュニティーの中心にある

私が全国各地を旅して思ったことは
神社仏閣は地域コミュニティーの中心にあるということです。

盆踊り、祭りなど全国各地で行われていますが
その中心地はどこでしょう?

そう【神社仏閣】ですよね。
では、なぜ地域でその場所が神社またはお寺になったのでしょうか?

スポンサーリンク

神秘的なものを感じ自然と郷土で大切にされ現在に至る?

おそらく、昔の人々が、
何か地元のその場に【神秘的】なものを感じ
自然と大切にされて続け今に至ると想像します。

神社巫女さんお祓い

パワースポットがブームになる背景として考えることは
忙しい現代人が
何か自分らしさを取り戻そう、疲れた体にパワーを得ようと
癒しを求めている証しかもしれませんね。

ブームを期にルール作法を学んで自分もパワーアップを!

くれぐれも。
神社に来ても鳥居もくぐらないし、本殿も素通り、
具体的にパワースポットと言われている神木や岩に直行し、
神木を触ったり、抱きついたり、
ましてや木の皮を剥いで行ってはダメですよ!(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする